RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
にほんブログ村(肉)
ブログランキング
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

宅建スクール

あくまでも、ブログ的意味合いが強いので、情報の信憑性等の責任は負いません。前述に不満な方は読まないでください。
<< 警察庁の失態 | main | この手の会話を次のタームまで持ち込むかどうか? >>
前のブログの続き
0
    まずは政府にご報告を
    GHQから警察電波を貰った戦後以来、警察の電波が政府に知れた時に
    警察庁はGHQのアメリカ軍の文書(警察世界の誘い文書)やお隣をつかって責任回避しようとしている。こういったことを絶えずしている。
    当時の正式な文書ではないのですが、、、、、政府交わした条約とは違って、、、、、、
    こいいったことをしているので、警察電波やアメリカをあまりにも信じ込んでいるので、国内の政府関係の文書の存在を知らないままにいる。
    文書の保管は政府の部署ごとに担当しているので、その部署に請求しないと見ることができない。1億3千万人分あるので、全部警察が把握することは不可能である。
    戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍、住民票、保険証番号、納税証明書、身分証明書、
    年金番号、車の免許証、旅券等、別々の部署が担当している。
    市町村長の証明と県の証明と国の証明とは別物である。
    そもそも警察庁は、警察の電波を貰って狂ったせいか、アメリカに傾倒して西洋的発想になっていて、洋服しか着ないようになっているので彼ら自身の家紋すら知らない状態であった。また、正式な公文書を見ないまま、もともとの出身地も知らないと言った始末であった。
    おかげで国内の墓石もアメリカ風の墓石が並ぶようになってきた。
    自分らのアイデンティティを忘れ、アメリカに傾倒している。
    警察の誘いによって、インドシナの3国がフランスによって統治されたとか?
    アフリカがイギリス、フランス、ドイツ等に統治されたとか?
    これらも船が大航海時代にただ立ち寄っただけだとか?
    スペインとポルトガルが、もともといる人種がいるにも係わらず中南米に人を送っただとか?
    アメリカの黒人の政府間のやり取りの相手は、ケニアから入れているとか?
    チンパンジーを見てみると、中米とか南米とかは、やはりもともとインドヘナとか?
    インディオとかの民族がいたのではないか?何となく中南米のもともといた人種のように見えますがね、、、、、警察庁は知ってた?
    警察庁は何しているのか?
    | - | 14:36 | comments(0) | - | - |