RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
にほんブログ村(肉)
ブログランキング
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

宅建スクール

あくまでも、ブログ的意味合いが強いので、情報の信憑性等の責任は負いません。前述に不満な方は読まないでください。
<< オペレーターがやっちゃった続編 | main | 中央銀行どうしの直接の為替政策について >>
仮想通貨
0
    まずは制にご報告を、、、、、
    最近ビットコインのカレントニュースも多いが、
    ビットコインの種類の多さはその投資対象を増やしてくれて面白いが、
    物々交換の趣が強いのかもしれない。
    金と銀等の地金の交換比率とか昔あったような、、、、、
    貨幣だと投資効率とは、利子という概念があり、
    利回りの概念からすると、元本や額面の価格変動とは別に、
    利回りによる利息分の増加、つまり利息及び利回りをを考えなければならないからです。
    つまり、〆銚△覆薐枳未料蠑貶册以と利息券の利回り分の利益
    株式なら相場変動と配当益M其發覆虱其盒睛、貸出なら貸出金利の増加分。
    貨幣、FX外国為替の交換比率と預金なり貸出しの利息の増加益。ということになる。
    貨幣も交換比率の相場だけではなく、余剰分の利回り分の収益を考えて投資をすべきだろうし、そのような金融商品を考えるべきだろう。
    このビットコインの場合、価格形成におけるつまり需要と供給による経済原理の趣向が強く、
    相場によって価格を決定するという論理には相違ないが、これは上記でいう額面なり元本等から乖離した市場原理によって価格の上下動という事になるが、投資判断というものは、それに加えて利回りの概念が必要であるがこれにはなく、ただ単にビットコインそのものの価格変動という点が残念であるような気がする。
    どうだろうか?他のやり方としては、絶えず有利な交換比率を求めて貨幣を横断的に交換していくという考え方もあるが、これはFX会社が必ず最終的なり一定期間に顧客が自国通貨に交換して利益確定することができるシステムがあるからできるのである。
    そう考えると、結局、FXの通貨の組み合わせ?やスワップポイントか?通貨を横断するか?外貨預金の長期短期の組み合わせ方が良いことになるが、これは、ユーロ圏のユーロ通貨と自国通貨の組み合わせを考えると、日本でも検討中のビットコインだが、これよりもプライムレートのような地方による金利の違いや国債と地方債等の考え方もあるので、本通貨と地方通貨の様な概念が相応しいのかどうかだと推測されるが懸念があるので止めた方が得策だと思われる。
    まあ、金融商品としては、額面の変動と利回りをセットにして売り出すが、実際は売買と利回り若しくは配当益だけを狙って、分けて投資行動をするが、、、、、
    例えば株式の頻繁な売買によって売買益を目的に行動するか?株式を保有して配当益を得るか?債権のように利回り、利息を考えるか?それとも、外国為替のように通貨交換の売買だけか?普通の預金や外貨預金等の利回り迄考慮するか?
    だから、我が国の日本でもビットコインを精査中であるが、現在のところこの様の金融商品には必ず元本分と利回り分をセットにして売り出すこととなっていることに注意が必要である。
    その原因はおそらく、貨幣供給者は通常は中央銀行であるが、その下のレベルの貨幣の需要と供給の関係にあるのではないか?外為もそのように推測される。
    つまり、ケインズ理論の金融市場における貨幣供給者は中央銀行のMに相当し、
    外為やビットコインの需要と供給も貨幣需要のL(この場合投機目的のL1)に吸収されるのではないか?と推測される。
    つまり、利子率(利回り)の関係で中央銀行の金融政策の貨幣供給という数量の頭打ちがあるのだが、その下の段階の外為市場やビットコイン市場ではこの限られた数量の中、通貨を売り買いしている。よってその国の通貨政策の方が当然高いが、
    この外為は売買だけを目的にしているので、その自国通貨をコントロール不能にする、交換比率のコストの関係上、より上回るパワーを持っている若しくは秘めているが、昨今の中央銀行同士の直接の為替政策によってその力がなくなってきているということなのか?
    ビットコインの場合は、その中央銀行の保証もあり、そのビットコイン市場が繁栄すれば必ずビットコインとドルとの交換現象が起こることからドルより、より強い通貨とならない訳ではなく、むしろ脅かす存在となる。貨幣のように中央銀行同士の直接の為替政策によって交換比率、売買価格が決められるというのとは話が別である。よって、ビットコインは自国通貨、自国経済を落とし込む危険性をはらんでいる。幸いコインという形なので人気はないかもしれないが、、、、、
    今までは、貨幣同士によってその国を狙っていたかもしれないが、それがなくなりむしろつまらないので新たなやり方が登場してきたとみるべきではないか?
    次のブログでは、この中央銀行間の直接の為替政策を推測してみる。
    | - | 21:07 | comments(0) | - | - |